​ 新型コロナウイルス感染症対策 

園では、新型コロナウイルス感染症対策として、以下の対策、対応を行っています。
【手洗い・うがいの徹底】
日々の予防対策で大切なのが手洗いうがいです。子ども達に手の洗い方を指導し、丁寧に取り組めるよう表示を用いながら指導しています。戸外遊びの後や、排泄の後、食事の前など、こまめに手洗いの機会を設ける事で、手洗いうがいの習慣を身に付けています。常に新しくきれいなハンドペーパーを使用することで、タオルやハンカチに付着する菌やウイルスの対策も行なっております。
手あらい.JPG

【電解次亜水を用いた消毒】
正門、玄関ドアを電解次亜水で消毒をし、感染防止に努めています。食事前にテーブルを消毒、手指消毒、保育終了後にはおもちゃ、備品の消毒も定期的に行っており、人の出入りがある玄関では電解次亜水を噴霧する対策を行なっております。トイレ掃除には、濃度が濃く除菌力の高いハード水を使用し掃除を行っております。
除菌洗浄水生成器ミニクローラ
噴霧器.JPG
【機器を用いた予防】
tette.JPG
自動手指消毒器tette(テッテ)
玄関先に2台設置してあります。手をかざすと消毒液が出てくるので接触を防ぎ除菌が行えます。
Airdog.JPG

空気清浄機Airdog(エアードック)

ウイルスの6分の1の微細粒子も除去します。医療施設に多く設置されている空気清浄機。出入りが多い事務室に設置してあります。

ReSPR.JPG

空気清浄化装置ReSPR(レスパー)

体に安全な低濃度オゾンの効果で、園内の空気中のウイルス・細菌・カビ・においを安全に分解します。ウイルス対策や除菌に効果があります。

空気清浄機.JPG

空気清浄機
各クラスに空気清浄機を設置しております。加湿機能も付いておりますので、湿度を考慮した環境で保育が行えるよう配慮しております。


【職員のマスク着用・検温】
職員は接客・保護者の方々と会話をする場合や、日々の保育の中でマスクを着用させて頂きます。(園児のマスク着用については、保護者の方の判断にお任せします。)
また出勤の際、毎日検温を行い検温表に記録しております。その日の体調の確認欄も設け、体調が万全である事を確認してから始業しております。


【来園者への対応】
玄関先で検温を行って頂き、氏名と所属先などを記入して頂きます。新型コロナウイルス感染状況に応じて玄関の前で対応させて頂く場合もございます。

【行事の対応について】
行事の2週間前からの検温をして頂き、記録用紙を提出して頂きます。新型コロナウイルス感染状況に応じて、行事の時間短縮、学年やクラスごとに開催をし、密集を防ぐ対策をとっております。場合によっては延期・中止をする事もあります。

【保護者へ協力依頼】
・自宅での手洗いうがいを徹底
・登園前の検温、体調管理
・下記のような症状がある場合は自宅待機

① 風邪の症状がある場合
②37.5度以上の発熱がある場合(解熱剤を飲み続けなければいけない時も含む)
③強いダルさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合